レンダリング画像が変です

| コメント(24)

コメント(24)

メタセコイアファイルからRedqueenのファイルに変換した際に、pngファイルが作られません。
また、できたRedqueenファイルをドラッグしてpngを作成すると、画面に一色だけ表示されてオブジェクトが見えません。

ショートカット作成のときに
mqo2rq2-scn.exe
へのショートカットを作っちゃうと同じような症状になります。
mqo2rq2.exe
へのショートカットになってますか?

ありがとうございました。
ご指摘いただいたとおりにしたらレンダリングできました。

よかったー
どんどんキャラ作ってがんがんレンダリングしてください

質問よろしいでしょうか。

メタセコで作った人体モデルをRedqueenでレンダリングすると、足元に黒い粒子が大量に現れます。

「参照画像」
http://selflain3.hp.infoseek.co.jp/sample.png

gisampleやoversamplingをそれぞれ「256」、「100」と設定してみましたが、効果はありませんでした。

よろしければご助言頂けないでしょうか。宜しくお願いします。

すいません。返事遅くなりました。

ちょっと最近いじってないのではっきりしたことはいえないのですがやはりライトの設定を変えてみたらいいと思います。
cfgファイルの中にsky light(天空光)を選択する部分がると思います。
その行の先頭に#をつけるとスカイライトが無効になります。

で、通常の点ライトや平行ライトを使ってみてください。
もしくは#をつけずに4っつあるうちの別の天空光を使うとか。

もしこのへんで改善しなければデータファイルをこちらに送ってください。
よろしくですー

はじめまして。
「メタセコイアからはじめよう!」には
大変お世話になっております。

ところで、メタセコイアで設定した透明マップが
RedQueenではトリムマッピングになってしまう?ので
ぼかしたいところがぎざぎざ、くっきりになってしまいます。
メタセコのプレビューっぽくぼんやりさせたいのですが、
何か方法がありましたらご教授いただけませんか。
よろしくお願い致します。

はじめまして。こんにちわ。

あり?グレースケールきかなかったかな。。
ちょっとすぐ調べられるかかわらないので
http://rq2faq.hp.infoseek.co.jp/
こちらとかredqueenのマニュアル等で調べてみてください。

こちらでも調べて見ます。

初めまして。
去年から「メタセコイアからはじめよう!」の御陰で,
念願の3Dに手を出す事が出来ました。ありがとうございます。

ところで,質問がこちらで良いかちょっとわからないのですが,
rq2で通常のレンダリングは行えているのですが,
透明化したガラスや水などの表現がうまくいきません。
透化する部分が黒く潰れ全く透けていないのです。
設定した材質プロパティに問題は無いようで,付属CD内のサンプルでも試しましたがダメでした。
こうなるとrq2を直接いじるしかないのでしょうか。
お忙しい中,誠に申し訳ありませんが何卒よろしくお願い申し上げます。長文申し訳ありません。

こんにちわはじめまして。ありがとうございます。
ちょっと今までに無かった現象なので確実なことは言えませんが以下のことを試してみてください。

mqo2rq2.cfgをメモ帳で開いて
#RRT[:no_transparency] = true
↑先頭に#はついていますか?
この#がないと透明度が無効になると思います。

metaredの本家サイトからmetaredをダウンロードしなおしてみるのもいいかもです。
http://park7.wakwak.com/~blackbox/
cabの解凍は解凍ツールを使ってください。

迅速な対応をしていただき有難う御座います。
ご指摘のcfg内の#RRT[:no_transparency] = true
は#は付いていました。
metaredの再DLも行いましたが,残念ながら現象は直りませんでした…。
rrtを開いてもみましたが,他の部分のレンダリングが出来ているだけに,何が原因かさっぱりです
申し遅れましたが環境は,
OS:XPSP1,CPU:Pentium M,
GA:ATI mobility9600,RAM:512MB です。

answerさんも書かれてますが
http://d00.cool.ne.jp/metakara/archives/000245.html
この辺参考にしてみてください。

解答有難う御座います。
リンク拝見致しましたが,テクスチャは貼っていない素の状態なのです。
rrtを直接見てみますとrefractionindexがうまく出力できていない様でした。
思いっきり手動なのですが,refractionindexとtranceparencyを追加してrq2に渡すと取り敢えず出力できる様でした。
根本的な解決にはなってないかもしれませんが,これ以上d00様他皆様のお手を煩わせてしまうのも申し訳ありませんので,これでなんとかやっていこうと思います。
変な質問をしてしまいご迷惑お掛けしました。そして丁寧に対応して頂き本当に有難う御座いました。

うーん。そういやそうですよね。
CDに入ってるものを全部使ってもそのような現象だと
やはりハードに依存するんですかねぇ。
cfg最後のPen4使用指定はオフになってますよね。
ごめんなさい。ちょっとわかりませんでした。
ソフトの開発者さんに聞いたほうがいいかもしれません。

P114のアニメ風の画像を作ろうと思い、メタセコイアではアニメ風にできたのですが、redqueenでレタリングをすると、全体が黒くなり、アニメ風にならないのですが。材質はどう調節したらようのでしょうか。

redqueenではできないかもしれないですね。
96ページからのメタセコでレンダリングの方法を使ってください。
あとは塩肉亭さんとこのcelsviewを使うといいと思います。
http://sio29.sakura.ne.jp/

2005年12月13日の雲さんの現象、わたしも出て困っています。

1.メタセコのマテリアルで不透明度を設定したオブジェクトがまったく透けずに描画される。
2.グレースケールの透明マッピングが二値化されて描画される(30%グレーは完全不透明、80%グレーは完全透明)。

上のやりとりでd00さんがおっしゃってるように
ハードに依存する問題だとするとどうにもならないのかもしれませんね。
ちなみに私のPCはノートで、ビデオはオンボードの
Mobility Radeon 7500とかいうシナモノです。
もうひとつのノートPCでもやっぱり同じように出力されます。
ノートだからいけないのか?(幼稚な理由付けですが)

1.についてはrrtのをいじっても一向に透明を表現できないので、今はあきらめています。
transparency<1にするとたしかにレンダリングの時間だけは一丁前にかかるんですが、
結果はtransparency=1と同じです(くやしい)。

redqueenもついに製品版が出たのでそっちの対応忙しいのだろうなと思うと、
なんか質問するのもはばかられる今日このごろです。
redqueenがグラボによってはサポートしていない技術を利用して
レンダリングしているということなんでしょうか。

情報もってらしたら、教えていただけないでしょうか。

こんにちわ。はじめまして。
グラフィックカードには依存しないとは思うんですが。。。確かなことは言えないです。

コンフィグファイル(.cfg)を一度覗いてみてはどうでしょう。
透明度を使うか使わないか等のフラグがあるのでそこを切り替えて試してみたりしてみてはどうでしょうか。
Pen4は使わない設定になってますよね?

とりあえず立方体と平面など簡単な形で試してみるといいと思います。

もし何か違う結果が出たら教えてください。
よろしくおねがいします

d00さんにコメントいただけるなんて光栄です。
教科書にはお世話になっております。

私もまわりにモデリングに携わる人がおらず、
暗中模索でメタセコイア、RedQueenと格闘している一人です。
なので、知るべきことを知っている人が見れば
一目で間違いとわかるような間違いを犯しているのかもしれません。

単純な形状をレンダリングしてみたのですが、
見ていただくことはできるでしょうか。
(得体の知れないリンクに飛ぶのは抵抗あることとは思いますが)

もしご指摘いただくことができれば幸いと思います。

http://mizunowa.ifdef.jp/test_cube.lzh

mqoとrrt、その変換時のmqo2rq2.cfg、
rrtとpng、その変換時のバッチファイルを
圧縮してアップしました。

http://d00.cool.ne.jp/metakara/test_cube4a.zip

透過されました。
mizunowaさんのRRTファイルを使ったら透過されなかったのでMQO→RRTの時点で問題があるようです。

OSは何を使ってますか?
Xpか2000ならBATファイルは作らないほうがいいです。

CFGファイルがCDについていたものとは違うようです。
たぶんMetaRedもCDもものとは違うのではないでしょうか?
環境が違うとこれ以上は確認できないので。

もしかしたらCFGファイル自体読み込んでないのかもしれません。
106ページの「レンダリングできない」を試してみたでしょうか?

d00さんのrrtを使ったら透過された画像が作られました。
mqo→rrtの過程の問題だったんですね。

本を買う前からこの状態だったので付属CDからツールを
インストールしなおすということをしていませんでした。

OSはXPを使っています。
cfgから自動でredqueenに渡してくれるようにするほうが良いのですね。
気にしたことありませんでした。

とにかく「メタセコイアからはじめよう」に収録されている
ツールに更新してみます。
おって報告をしたいと思います。
(少々、日が経ってしまうかもしれません。ご容赦ください)

とりあえずここまで、どうもありがとうございました。

だいぶおそくなりました。すみません。
不透明度設定による透過の表現が成功しました。

現在、もうひとつの透明マッピングによる
透明度コントロールを試そうと思っているところです。

なかなかいじる時間がとれず、進展が遅くて申し訳ありません。
せっかく見ていただいてるのに・・・

いえいえ。
よかったっすー
CD-ROMのを使用したんですかね?Web上の最新版でもいけると思うのですが。
マップによる透過は僕もまだやってないのでわからないです
ぜんぜんゆっくり楽しんでやってください

コメントする

このブログ記事について

このページは、d00が2005年1月20日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「色が変、またはCFGを変更しても画像が変わらない」です。

次のブログ記事は「目次」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.11